医師の求人情報から考えたこと

医師の求人情報から考えたこと

関連情報

医師にしても歯科医師にしても、その求人やアルバイトの情報を見ていると待遇の良さにおどろくことがあります。ためしに、給金の額を勤務時間で割ってみても、時間当たりの金額は結構な高額に思えるのですが、こんなにいい条件でも人材が集まらないのか、同じ病院が随分長期にわたって募集を出しているケースが多いことに気づきます。診療科目にもよるのでしょうが、医師の仕事は激務なことが多いので、長期にわたって勤務医を続ける人が案外少ないのかもしれません。勤務医として苦労するのなら、いっそ独立して開業する方が将来的に希望が持てるのかもしれません。バリバリ働ける期間もスポーツ選手と同じように長くは続かないのかもしれません。安定した医院経営を望むなら、やはり出来るだけ早い時期に自分の医院を建てておいて、その後の経営のためのしっかりとした地盤を確立しておくべきなのでしょう。その上で、医師の求人でも出して勤務医を確保するとかで自分の体力の衰えを補うような対策を取るのかもしれません。いつも不思議に思うことがあります。一般人の医師に対する印象は、高額な年収を得ている職業だ、というようなものだと思うのですが、2年ごとの保険点数の改変時期が近づいてマスコミにその種のニュースが報道されるときには、そんなに派手に見える医師は一部の者だけであり、ほとんどの医師の生活はそれほどでもないと報道されます。でも苦しい生活の医師なんて身近に見たことがありません。医師の求人を見ていても、生活苦の医師なんているのか時々疑問に思います。

新着情報

おすすめサイト

Copyright (C) 医師の求人情報から考えたこと All Rights Reserved.